こちらのホームページは、神奈川の神奈川近郊でご自分の愛車を「廃車にしたい」、「廃車買取の会社に依頼したい」と考えている方々向けに作成、公開している情報サイトです。

[神奈川の廃車OK]サイト 参加企業を募集中!! 詳しくはこちらをご覧ください。 CLICK!!

最新情報

2014.02.10
神奈川の廃車OKを運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.04.26
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、運輸局情報サイト【神奈川の廃車OK】がTwitterを始めました。
2013.03.18
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、運輸局情報サイト【神奈川の廃車OK】、一部セカンドページをリニューアル公開。
2013.01.22
ターゲットキーワードを明確に設定、最適化されたレンタルホームページ神奈川・横浜の廃車買取、廃車引き取り、廃車の手続き、見積もり依頼サイト【神奈川の廃車OK】。参加企業の募集ページを制作、一般公開。
2013.01.01
あけましておめでとうございます。本年も、神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、運輸局情報サイト【神奈川の廃車OK】を、よろしくお願い致します。
2012.12.17
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、運輸局情報サイト【神奈川の廃車OK】に新コンテンツが登場。廃車関連(業者・会社)のリンク集を追加。
2012.12.10
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引き取り、廃車の手続き、見積もり依頼サイト【神奈川の廃車OK】は、レンタルサイトとして運営管理されています。【神奈川の廃車OK】への参加企業募集ページを制作中。
2012.12.03
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引き取り、廃車の手続き、見積もり依頼サイト【神奈川の廃車OK】、TOPページに神奈川・横浜の地名由来や基本情報、名物あれこれを追加。
2012.11.15
エリアを神奈川・横浜に限定、ターゲットキーワードが最適化された神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、業者一覧の【神奈川の廃車OK】は、ホームページをリニューアル公開。
2012.11.01
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、業者紹介【神奈川の廃車OK】のサイトリニューアルを行います。
2012.08.09
神奈川・横浜の廃車買取、廃車引取、廃車の手続き、業者へ見積もりは【神奈川の廃車OK】。ホームページを公開。

廃車の買取は、『神奈川の廃車OK』にお任せ!!

『神奈川の廃車OK』では、神奈川や横浜で廃車の買取・買取の会社や
手続きフロー・廃車の買取Q&A・廃車に必要な書類・神奈川の運輸局など
廃車に関する全てのことを、紹介しているサイトです。廃車は買取というより、
お金を払って引取ってもらうというイメージを持っている方もいるとは
思いますが、今は廃車を買取ってもらえる時代です。
神奈川、横浜で廃車を買取る専門業者は、神奈川県内でも
多くあります。店舗や会社ごとに査定金額が違うのも
事実です。神奈川、横浜で廃車の買取を依頼するときは、
複数の業者に見積査定をお願いすることをオススメします。

神奈川の廃車OKの『想い』

神奈川の廃車OKに掲載されている企業は、自動車の役目を終えたお客様の愛車を、適正な価格で買取、引き取りを行っています。そして、神奈川県内、横浜や川崎で買取ったお客様の愛車より使用可能な部品、バンパーやフロントガラス・ドア・ライト・シートからエンジン、ミッションに至まで、リサイクルパーツ(中古部品)、つまり、自動車の部品として再利用させて頂いております。 また、リサイクルパーツ(中古部品)として再利用ができない部分は、鉄を中心にスクラップに分別され、再びさまざまな商品の原材料として使用されています。

このように、お客様の愛車から再利用できるリサイクルパーツや鉄スクラップ(マテリアル材)を利用することによって、自然の鉄鉱石から鉄資源へ、商品材料として加工される際に発生する二酸化炭素を削減できるため、自動車の廃車処理が環境対策の一環としての役割も担っています。
神奈川の廃車OKは、限りある地球の資源と環境問題への取り組として、廃車の買取と引き取りを事業して行っている業者を紹介しているので、神奈川、横浜で廃車に関することならご安心してお任せ下さい。

対応地域 神奈川・横浜・川崎・相模原・横須賀・小田原・大和・平塚・厚木・茅ヶ崎

そもそも廃車、使用済自動車、解体、破砕って何?

車の廃車は、横浜及び神奈川の廃車買取業者によって、使用済自動車の引き取りから、自動車部品の取り外し、解体、破砕から自動車の再資源化を行い、使用済自動車に係る産業廃棄物の減量と、リサイクル資源及びリサイクル部品の利用を通して、使用済自動車に係る廃棄物の適正な処理や資源の有効な利用で、地球環境、住民一人ひとり、生活環境の保全と日本経済の健全な発展のために推進されています。

ここで、廃車にされる使用済自動車とは、道路運送車両法に規定する自動車で、自動車の使用を終了し、そして、自動車としての機能する部品や装置を横浜及び神奈川の廃車買取業者によって取り外された自動車となります。
使用済自動車は、その後、解体自動車として、解体することによって、フロン類を回収し、フロントガラス、後部ガラス、ドア、ライト、バンパー、マフラー、タイヤ、オーディオなど自動車のリサイクル部品として取り外し、洗浄と品質チェックを行い商品の状態・検査データを全国公開して有用なものを有効活用します。

横浜及び神奈川の解体業者によって、部品を取り外された自動車は、解体自動車として、金属その他の有用なものをリサイクル部品(中古部品)以外にさらに分離し、 車の破砕業者が、車を圧縮して破砕前処理を行い、最終的に破砕業者による解体自動車の破砕が行われ、このようにして、廃車とされた車は、再資源の活用を目的に利用されています。

神奈川・横浜の地名由来や基本情報、名物あれこれ

神奈川・横浜の廃車買取サイト【神奈川の廃車OK】は、神奈川や横浜、名前の由来や歴史、神奈川県の基本情報も紹介しています。神奈川・横浜の以前からから知っていた内容、知っていたつもりが間違っていた情報など、この機会にご確認下さい。

神奈川の基本情報、人口

神奈川の人口は、平成24年現在、約908万となり、都道府県の中で第2位の人口(人口密度は東京、大阪に次ぐ第3位)。
平成24年現在は、神奈川県民のうち約41%が横浜市民、約16%が川崎市民、約8%が相模原市民になっており、神奈川県民の半数以上が横浜、川崎、相模原に集中していることになっています。

横浜と呼ばれる、地名の由来

横浜という名前は、武蔵国の久良岐郡に属する横浜村からはじまり、横浜の名は、海から見たときに「横に長い浜」であることに由来するとされ、横浜村は1859年に横浜町、1878年には横浜区へ。その後、1889年に市制が施行され、横浜市になりました。

横浜の基本情報、人口

横浜の人口は、平成24年現在、約370万人となっており、神奈川県内で横浜は、一番人口の多い市になっています。

神奈川・横浜の観光や名産物

神奈川・横浜には、観光スポットがたくさんあるのが魅力。
・観光や名産物
横浜中華街、ランドマークタワー、横浜みなとみらい、横浜・八景島シーパラダイスなど。名産物は、横浜中華街の中華菓子・中華まんじゅう、高座豚、伝統工芸品(ハマ焼・小田原漆器・鎌倉彫)。